2016年11月30日

不穏な発言

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村
■nend■




皆さんのご家庭はふるさと納税していますか?
住民税が還付されるシステムと聞いて今年から夫と私が
少しですがふるさと納税をはじめました

もちろんそれぞれの年収が少ないので
2人で5万円程度ですが、この香川県多度津町のふるさと納税はとても
魅力的です

昔夫と大阪に旅行に行って食べた
フグのお鍋がふるさと納税の返礼品に入っているのです

それに、今どき油にこだわっている人も多いと思いますが、オリーブオイルの返礼品もあるんです
もっともっと年収が増えたら(夢)だけど、フグのお鍋のふるさと納税香川県多度津町に寄付してみたいです。




■広告■■■■■■■■■■■■■



■■■■■■■■■■■■■■■■


最近娘の塾はもう多くの人が本番となる日にちまで2か月となり
ピリピリムードらしい

そんな中で子供たちもイライラするのであろう
授業中にお菓子を食べたり、貧乏ゆすりをしたり
中にはいじめらしきような状態にもなっているという(鉛筆を隠す、落ちた消しゴムを踏みつぶし)
3名ほどの男子らしいけど


その中で結構あれている男子A君としよう
国語の授業で、農業に関する内容の論説を読んでいたそうだけれど
「おれは父親もじいちゃんも医者だからな、志望校にこんな文章は出ない」ようなことを
言ったらしい

先生も発言をしたとき一瞬すごい顔をしかめたらしいけれど、やはり職業
「今は親の職業を話す時間ではありません!!」きつめに注意したけれど
なんかその発言以来、教室はしーーんとなったみたいで

娘が「Aよく解らんよね。だって親の職業が関係はないし、いまはないし、そんなだったら
私塾行けないし、最近成績A名前載ってないから焦ってるのかな? Aなんて関係ないけど」


親が医者


関係あるのだろうか

医者は偉いのか

偉くない

給料が他の職種より良いだけだ

それだけだ

なのに「親が医者」子どもが6年になっても発言する

家庭内で「職業差別」しているのか。

何医者を継がないといけないプレッシャーからか

我が家は絶対に合格してほしいけど、捨てるものは何もない
受かれば超ラッキー 受からなかったら身の丈に合った場所に行くだけ

A君はやはり、差別だのなんだのあるけれど超プレッシャー
落ちたら後のない状況なのだろう


・・広告・・
posted by sadママ at 08:06 |