2018年02月10日

身の丈にあった学校

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村■広告■■■■■■■■■■■■■



■■■■■■■■■■■■■■■■

私の大事な娘はもうすぐ中2

残念ながら公立中高一貫学校におちた

だけど、特待生でなんとか私立に通っている

私立は特待取れても、特待取れても

卓球だ!!
料理だ!!

お金がかかる

明らかに身の丈にあってないのであろう

こんなこと思うのは、こんなこと思うのは
それは

眞子さまの結婚延期の記事を読んで

小室さんのことをたたいている方がいること


広告■■■■■■■■■■■■■



■■■■■■■■■■■■■■■■


小室さんは小学校からインターで
ICUでお母さんが育ててきた

そのお母さんを金銭的に助けてきた人がいると報道されている
週刊文春 2月8日


一般人で
お父さんがなくなった時点で、身の丈にあった学校に転校すべきと言っている人がいる

でもでも、他人には解らないこと

言論の自由があるから仕方ないけど

小室さんのお母さんが週刊文春 2月8日
報道されているとおりであったも、それがOKかNGか解らない

被害者と言うかたが、被害と感じているのなら被害なのだろ
私はどうなるか?
私は自分がどうなるか解らない

でも子供のためだったら
犯罪以外の何でもするかもしれない

規約でNOと書かれたことはしないけれど


・・広告・・
posted by sadママ at 07:19 |